こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

魔法使いの嫁の絵ができるまで

最近カラーの描き方を模索しているので、前回アップしたイラストの作画工程をちょっとメモ程度にまとめてみました。

使用しているソフトはCLIP STUDIOです。

 

1.アタリ

f:id:mofublog:20180202201549j:plain

こんな感じでざっくりアタリを描きます。最初羊さんみたいな子しっかり描こうとしてました。

 

2.下書き

f:id:mofublog:20180202201713j:plain

アタリを30%くらいに薄くして、新しいレイヤーに下書きしていきます。これはアタリレイヤーの表示を消して、下書きレイヤーのみ表示した状態ですが、基本表示しっぱなしです。

 

3.ペン入れ

f:id:mofublog:20180202201822j:plain

水彩的なペンでペン入れをします。影とかもここでちゃちゃっと入れちゃったりします。

 

4.影入れ

f:id:mofublog:20180202202016j:plain

新しいレイヤーに影を入れていきます。ここまで全部レイヤーは「通常」です。

 

5.色入れ

f:id:mofublog:20180202202134j:plain

「乗算」レイヤーで、色を入れていきます。入れ終わったら色を好みの感じに薄くします。

 

6.加工

f:id:mofublog:20180202202317j:plain

線画、影、色、の三つのレイヤーを表示したまま、そのレイヤを結合コピーして、「編集」「グラデーションマップ」で赤みのある加工をします。

そのレイヤーを色レイヤーの下において「スクリーン」に変更。

 

ごちゃごちゃ言ってますが、なんかうまいことふんわりさせてるわけです。

加工に関しては、ぼかしたり色変えればなんとかなると思っている適当マンです。

 

7.影入れ

f:id:mofublog:20180202202602j:plain

新しい「乗算」レイヤーを追加して、影を足します。

 

8.光入れ

 

f:id:mofublog:20180202200147j:plain

「加算」レイヤーで、目や髪などに光を入れて完成

 

 

行程をみると大したことしてないですね(笑)でもこの描き方は結構早く絵が描けるので、落書きなどにはいいかもですね。もう少し見栄え良くなるよう、考え直さないといけないところはありますが、また改善されたらメモに残そうと思います!

 

ちなみにペン入れと色塗りはこちらのペンを使わせていただきました!塗り方もこちらの作者さんの紹介しているものそのままです(笑)まだどんなふうに色を塗るのが自分の絵に合うのかよくわからないので、まだまだ模索していこうと思います。