こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

サーバルちゃんを描こう! その1 紆余曲折サーバルちゃん

Welcome to ようこそ ジャパリパーク

世の中で騒がれたものにちょっと遅れてハマることに定評のあるこだまです。

なぜ世間が騒いでいる時にハマれないのか。

多分世間で前に騒がれてたものにハマってたりするからですね(笑)

同じ時間軸にいるのに時差がある!

 

そんなわけで今頃けものフレンズにハマってます。サーバルちゃん可愛い。

ということで、サーバルちゃんを描いてみました!

 

描いてみたら実は意外と難しいサーバルちゃん。

よし、本家に似せて描いてみよう!

f:id:mofublog:20180305112633j:plain

 

・・・なんか違う・・・(゚Д゚)

 

 

 いやいや、本家に似せれば可愛いというわけじゃない。

ちょっと動きを入れたり、少しアレンジした方が可愛い場合も・・・

f:id:mofublog:20180305123126j:plain

 

やっぱりなんかちがーう!

 

 

描き慣れてないくせに動きとかつけるんじゃない!

というわけで、まずはお顔からやっていこう。

 

勉強したことを生かして、まずは全体のフォルムを取ろう。

f:id:mofublog:20180305123400j:plain

こんなかんじかな。

30%に薄くしたレイヤーをフォルダに入れてまた30%薄くしているので、画面によっては見えづらいかも。申し訳ないです。

 

f:id:mofublog:20180305123438j:plain

次にざっくりとあたりを取っていこう。

ちょっと小首傾げた可愛い感じで、

目の大きさはこんな感じで、

リボンは大きくして、

髪の毛は小首傾げてるから均等にならないように、だけどふんわりさせたいから…

 

そんな感じでイメージをガリガリ。

 

f:id:mofublog:20180305123622j:plain

下書き完成!

この下書きはお顔の中と髪の毛がかぶってたりするので、レイヤー二枚に分けてたりします。

今までのあたりと、この下書きを全部フォルダに入れて、フォルダも30%に薄くしています。

どうでもいいですが、このサーバルちゃんのMを見ると、ドラゴンボール思い出すの私だけですかね。ベジータのM字ハゲにMって書いてあったのが忘れられません。

 

これからペン入れをしていきます!

 

 

今回私のイラスト作成時の設定をちょっとご紹介します。

お勉強の記事でもそうですが、私はいつも同じ設定のレイヤーを下書きレイヤーに設定しています。

f:id:mofublog:20180305202627p:plain

今回のサーバルちゃんの下書きはこんな感じになってます。

レイヤーカラーを濃いめ、サブカラーを薄めにして表示されるようにしてあります。

 

これはこのレイヤーを作成するアクションを作って、コマンドバーに置いてあるのでボタンぽちっとすればこのレイヤーが作られるようになっています。

 

あとレイヤーを30%に薄くするアクションもあるので、それも同じようにコマンドバーにあります。

30%なのは私が下書きを薄くした時に作業しやすい濃さだからです。

 

 

なぜレイヤーカラーとサブカラーを設定しているかというと、私が作ったペンに由来してます。

f:id:mofublog:20180306121024p:plain

いつも下書きを描くのは、作成した『カラー下書き鉛筆』というもので、

ペンを傾けるとサブカラーが混じるように設定しています。

こうすると一本のペンで、濃いのと薄いの両方描くことが出来ます。サブの方は傾けるため、どうしても描画が太くなるので、アタリをとるため、に使います。

 

今回のレイヤーでわかるとおり、最近はレイヤーを新しく増やしたりする傾向にありますが(笑)

 

こんな感じで、イラストを描いています。

次からペン入れと色ぬりについてです。