こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

4ー4 「走り」のポーズ(2/2)

 

前回の続きです。走りについて、歩きの時との違いは、捻りが大きくなってたり、腕や足の振りが変わっていましたね。

次は横から以外の角度から見る走りのポーズです。

f:id:mofublog:20180314104014j:plain

 

正面・斜めから見た走り

歩き同様、手足の圧縮や断面を意識しましょう、ということで、あまり書かれていることがないのですが、歩きの時より圧縮が強いですよね。

後ろの蹴り足が結構上まで上がってたり、歩いてた時は振り子のように動いていた腕が、曲がっている状態でどう動いているか、色々見比べてみると違いますね。

圧縮が強いので、正面から見た走りは、見えない部分を描いちゃうと、歩いているように見えてしまうかもなので、気をつけないとですね!

 

f:id:mofublog:20180314104022j:plain

 色々な走りのポーズ

女の子に多い内股の走り方。膝が内側を少し向く感じですかね。

 

体の大きな人のどすどすって感じの走り方は、基本的にどっちかの足が地面についている歩きのような感じで走ってるって感じでしょうか。

 

忍者のような走りは、腕を振らずに走るイメージですけど、この走り方を最初にした忍者って誰でしょうね(笑)

 

坂道を下る走りは半身になる、というの、最初何言ってるのかわからなかったのですが、勢いを殺そうとする、ということなんだと思います。

ちょっと体を後ろの方に(重心を後ろにするように)坂道を降りるとき歩きますけど、走りながらだと半身になる、のかな?

 

ガニ股=ルパンなイメージですが(笑)

というか昔のルパンのアニメだと、腕の振りも、二の腕は動かさずに一の腕だけ振って走ってたりしましたよね。マモーの出てくる映画とか。

昔のルパンの歩き方(ピンクジャケットのPart3らへんの作画かな?)、走り方がすごく気になって見ていました。走る時の腕の振り方とガニ股歩きがずっと膝曲げたままなのが、変なの、と思ってました。

ルパンのアニメ結構好きなんですよ。語り出したら止まらなくなりそうなのでこの辺で(笑)

 

走りのポーズは今回で終了です!次回は片足で立つポーズ、になります。

片足立ちってあまり描く機会がありませんが、描くとなると難しかったりしますね。

それではまた次回!

 

DVDビデオ付き! アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術