こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

私の漫画作業環境

moto-gaiyan.hatenablog.com


moto_gaiyanさんの記事で、ご紹介されていたものが、とても有益な情報でした!


簡単に言うと、iPad版のCLIP STUDIOの情報です。
詳しくはぜひmoto_gaiyanさんのブログへ!


私も基本作業は全部iPadでやっているので、iPadでの作業をお考えの方に、少しでも参考になるかな、と思い、私の作業環境を書き留めておこうと思います!


あくまで参考に。


きっともっといい作業環境にしている方もいると思いますが、少なくとも家じゃなくても作業できるというのはかなり便利です!



私のiPadはこちら!

iPad Proの中で1番大きいサイズですね。

そして基本的にデータはクラウド保存なので、そこまで多くなくていいかな、というわけで64GB。


ただ、ちょっと重いです!


大きさもありますし、大きめのバッグや、重い荷物を持ちたくない、という方には、オススメしにくいかもですね。
どのくらい大きいのか、どのくらい重いのかは、実際に店舗でご確認なさってからの購入がいいと思います!
もっと軽いの、もっと小さいのでもいい、という方もいらっしゃると思いますしね。


キーボードはこちら!

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A

アップルのキーボードをつけています。画面のカバーにもなるのでとても便利。


ただ気になる点はあります。


このキーボードでは、カーソルの後ろの文字を消すというキーがないのです。
なので、文字打ちをしているときなどはそこが不便ですね。


それとこのキーボード、磁石で固定して、ノートパソコンのように打ち込めるようになるのですが、磁石でくっつけていないとキーボード操作ができないのです!


いや、そこで接続してるから入力できるようになるんでしょ?と言われてしまえばそうなのですが…ごにょごにょ。


私は基本絵を描くので、絵を描く画面が、ノートパソコンくらいの角度だと描きにくいですよね!
そう、つまり


キーボードのショートカットが使えない


というわけです。


これは最初、えー!って思いましたが、すぐクイックアクセスが使えるようになったので、それに慣れてしまった今となっては、そこまで大変ではありません。


ケースはこちら!

iPadは、2017年版のものなのですが、こちらの2015年版でも、特に問題なく使えています。
こちらはアップルのキーボードをくっつけても使えるようになっています。
キーボードの接続もスムーズです。
電源スイッチも押しやすく、カメラの邪魔もしません。
安価なので大丈夫かな、と思っていましたが、購入して4ヶ月ほど経ちましたが、大丈夫です。


使っているペンはこちら!

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A


有名なApple Pencilです。
持った感じはちょっと重いです。
でもこの重さが逆に安定する、という方もいらっしゃると思います。
太さは普通の鉛筆くらいでしょうか。
ツルツルしているので、それがちょっとなーという方もいると思いますね。
私も最初何かカスタマイズ(アナログのペンは基本太さやグリップをカスタマイズしていました)しようかと思っていましたが、 カーズ様のように考えるのをやめました。


私は絵を描くとき、キーボードをたたんで、Apple Pencilが入っている箱を台にして、 iPadを斜めにするようにしています。
このApple Pencilが入ってる箱、私にはちょうどいい斜め具合になってくれるので、このスタイルでいくことにしました(笑)


なので、Apple Pencilはその箱にいつもしまっているので、カスタマイズしてしまうと箱に入らなくなってしまうんです。
なのでいいか、これで!となりました。もし使い心地変えたかったら変えればいいや、と思って、今のところ大丈夫なのですが、気になる方は

このようなグリップもあったりするようなので、自分でカスタマイズが苦手な人は、ご検討ください!


シートはこちら!

こちらのシートは、ペーパーライク、というだけあって、ざらついた表面をしています。


かなりペン先が摩耗しやすくなります。


よくよく考えればそうかもですが、2ヶ月ほどでペン先の金属部分が見えてしまいました。
最初気がつかなくて、最近ペンの反応悪いなーみたいに思っていて、ペン先を見たら金属見えててびっくりしました。
金属の出た状態で、私どれだけ描いてたのよ!
と思いましたが、シートの表面は特に問題ないです。
筆圧の強い方はご注意かもですね。
私も強い方なので、ペン先を交換してから、極力ネットを見るときなどはペンを使わないようにしてみたら、まだ金属見えていません。
絵を描くとき以外はあまり使わないようにすれば、もう少し持ちが良くなると思います!


使っているソフト

CLIP STUDIO PAINT EX


言わずもがな、CLIP STUDIOです。漫画を描く方なら、EXがいいと思います。
PRO版にはない漫画を描く際に便利な機能があるのです。



それがストーリーエディター複数ページ作品の管理です。



いや、他にもEXにしかない機能があるのですが(笑)私的この2つの機能はかなり大きいと思うのです。


ストーリーエディターは、セリフを一括で編集できる機能ですね。
『ページ管理』→『テキスト編集』→『ストーリーエディターを開く』で使えます。
一括編集ということは、ページをまたいでセリフを見渡せるわけです。
このセリフはもう少し前で言おう、とかそういう移動も楽チンなわけです!


複数ページ作品の管理は、名前の通りですね。PRO版だと1ページごとにしか管理できませんが、EXだと全ページをまとめて表示したり、ページを入れ替えたりできます。
1ページ漫画でないストーリー物を描くなら、全体を見渡せたほうがいいと思います!


データ保存先

iCloud


CLIP STUDIOのバックアップは思っていた以上に容量が必要です。漫画データは、結構大きかったりするので、何かあったときのためにも、iPad内ではない場所にも保存できる場所を用意しとくといいと思います!



というわけで、私の作業環境はこんな感じです。
いかがでしょうか。

iPadで漫画を描こうとお考えの方の参考になりましたら幸いです!