こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

5ー5 「空間ビート」で自由に空間を描く(2/3)

前回人物ベースのみで考えてきましたが、今回から背景も一緒に考えていきます。
f:id:mofublog:20180418115105j:plain

上下左右に床・壁・天井がある空間は、四角の断面をベースに空間ビートを描いていきましょう。

透視図法・空間ビート両方で描ける場合

同じ断面の空間ならば、四角の縦横比が崩れないようにしながら描いていきます

空間ビートの方が描きやすい場合

上りや下り、カーブなどは、人ベースの空間ビートの方が描きやすいです。


こういうカーブした空間とかって、いつも描きたい、と思いつつ、どうやればいいのかわからなかったので、これを機に描いていきたいなぁ、と思いました!
なかなかカーブの局面を描くのは難しいかもしれませんが、この空間ビートのおかげで、頑張れそうな気がします!


f:id:mofublog:20180418115118j:plain

道と人を描く

車道は車のためのもの、車は人のためのもの、ということで、車道も人との対比で描いていきます。

①断面を描く

信号機など人と対比してスケール感を合わせます。
信号機って5mも上にあったんだ。こういうのは、リアルの高さを知らないと、わからないですね。しっかり下調べしないと、この辺りは違和感出ちゃいそうですね。


②重ねる

断面をずらしながら手前や奥に並べていく


f:id:mofublog:20180419120056j:plain

③細部を描き、間を埋める

②で並べた断面の間を埋めて完成
こういうカーブの道路って、本当かっこいいですけどどうやってるんだろうと思っていたので、描いていきたいなぁ、と思います!

道を上手に描くコツ

中央線の位置に注意する

一定の断面を奥に向かって並べて描く。道の真ん中にちゃんと中央線がくるように。パースがついてもそれは同じですね。

道幅をキープする

正面と側面でパースの圧縮を意識して描く。

これ結構苦手です。道は同じ幅で、奥に行くほど細くなる、という描き方をしてしまうと、カーブ部分がなんか変なことになっていました。あとフカンで見てるのかな?という道にもなってしまいます。
細くなる、と考えていましたが、圧縮される、と考えればよかったのかもですね!
そうすれば細く見えていた道が違って見えてきます。


f:id:mofublog:20180420165743j:plain

街と人を描く

街も人との対比で描いていきます。もう人工物は人との対比と覚えましょう(笑)
建物、電柱、エアコンの室外機など、大きさが一定で人との対比に使えるものに注目しましょう。

①大まかにエリアを分ける

空、建物、道のように大まかに分け、この段階で全体の構成・目線誘導を意識する

こうすると確かにわかりやすいですね。街って、ごちゃごちゃしているので、その細部に目を奪われがちですが、最初にまとまりとして面で捉えるといいんですね。

②重ねる

建物と人の高さ、左右のサイズ感を合わせる

f:id:mofublog:20180420170240j:plain

③細部を描き、間を埋める

②で並べた断面の間を埋めて完成


ごちゃごちゃしたものはまずは大まかに捉えてから。これが大事ですね。


街を上手に描くコツ

側面を圧縮する

道の中央に立っているとして、3件先の側面は見えず、断面の方がはっきり見える

この断面、というの意外と見逃してしまう気がします。側面を見ている、と考えてしまうので。でも建物の厚み、があるので、断面も見逃してはいけない部分でした。


左右の建物を合わせる

左右のサイズを合わせる、というの、私は結構見落としてしまう部分なので、本当に気をつけないと、と思います。ついついパースに合わせた建物をしっかり描かなきゃ、ということばかりに気がいってしまって、出来上がって落ち着いてみると、左右でなんか違くない?というのが多いので、気をつけます!


今回は建物などを交えた描き方でしたが、結構大変でしたね。
次回は最終回、自然と人、です。
最後までよろしくお願いいたします!