こだまんが

主にまんが製作日記です。定期的に漫画をアップしています。iPad ProのCLIP STUDIOで漫画制作しています。

感覚的と論理的

今メンタリストDaigoさんってすごい、と思って彼の本を読みまくってるんだ

今?彼がテレビによく出てたのって何年か前じゃない?

そうだね。彼をテレビで最初に見たとき、「この人コミュ障とか対人恐怖症とかなのかな?」って思ったんだよね

え?なんで?ニコニコしてたし、「これがメンタリストです!」ってびっくりするようなことこなしてたよね?

うーん・・・なんていうか、もとは人前に出るタイプじゃなかったんじゃないかって思ったの。なんでそう思った?って言われると困るんだけど・・・

こだまさん得意の「感覚的部分」がティンときた感じかな?

そんな感じ!
それで彼の本を読んで、いじめられてた、って書いてあったから、「なるほど」って思ったの

何がなるほど、になるのかわからないんだけど???

いじめられる子って、目立とうとしないじゃない?人前に出るっていうのも、どっちかっていうと苦手だと思うの。
だけど彼は人前に出てる。
それは心理学とか色々たくさん勉強して、こうすれば心を保てる、みたいのを勉強した結果、後天的に人前に出られる人、に変わったんじゃないかなって。

あ、あくまで羊の考えなのですが・・・!

うーん。でも確かに彼の本を読むと、「感覚的」な部分を「論理的」に表現してくれてるから、わかりやすくて読みやすいよね。それって、すごく勉強したからなんだなっていうのはわかるよ

あと思ったのがさ、自分が感覚的に理解できないもの、は論理的に表現されてないと理解できないんじゃないかなって。

うん?

前に聞いた話で、本当かどうかわからないけど、
野球の長嶋茂雄監督時代、彼の説明って「こうヒュッとするだろ?ガンって当てれば入るんだよ」(セリフは今適当に考えたものです)みたいに、感覚的な表現が多くて、インタビューした記者は記事にするのに頭抱えたっていう

あははは!

で、選手に教えるにも、選手も言ってることが理解できないんだけど、松井秀喜選手だけは、当時理解できてたって話

すごーい!

だから彼は長嶋さんの教えを得ることができたから、素晴らしい選手になれたんじゃないのかな。
もともと素質のある素晴らしい人物だったっていうのもあるけどさ

まぁ、物事をマスターするのに「感覚的」なもの、野球ならバッティングセンスとかそういうのかな?を「感覚的」に理解できたら上達も早いよね。
「感覚的」なものを理解するには「これこれこういう風に・・・」みたいに「論理的」に説明を受けることで、
自分の中で「これこれこういう風にすればいいのか」って理解して、
それを「感覚的」に出来るようになる、までを考えたら、プロセスが多いから時間かかるしね

さすが論理的思考のガゥくん、理解が早くて助かる

任せろ

・・・・・・っ!!

・・・で、最初に戻るけど、Daigoさんはその感覚的なものを論理的に説明するのが本当に上手なんだな、って思ったの。
それはつまり、彼が本で説明していることができるタイプじゃなかったからかなって。そもそも感覚的にできるものって、それが当たり前にできるから、論理的に考えることあんまりないかもしれないしね。
それも専門用語とかあんまり使わず、わかりやすい表現に噛み砕いてる。
専門用語でしか説明できない人よりも、子供にも理解しやすい言葉で説明できる人の方がすごいと思うんだ

それは確かにそうだね。あとは、いろいろな本で紹介されてるから、逆にスルーしちゃうような考えとかを、そう言われりゃそうだね、って、意識に落としてくれる表現っていうのは、すごいと思うね

でしょでしょ!
なんか信者みたいに思われちゃうかもしれないけど、単純にこの人はすごいって思えたから、今彼の本読むの楽しくて、読みたい本が積読状態!!時間が足りない!

あはは。幸せな悩みじゃない

・・・ところでメェちゃん?

・・・え、はい!!

わかった?

・・・・・・・・・。ちょっとだけ

メェちゃんってホント感覚的に生きてるもんね

メェちゃん、二点透視図で背景ってどう描いてる?

え?
描きたいなーって背景のあたりをささっと簡単に描いて、
いい感じになるように消失点を一個とったら、そこから地平線引いて、
その地平線の上に、もう一つの点がくるように、うまいことやれば描けるよ?

・・・あー・・・・・・。

・・・あー・・・・・・。

???